スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イン・ハー・シューズ

2006年07月22日 21:44

InHerShoes
イン・ハー・シューズ(2005 アメリカ) 20世紀FOX配給 131分
■監督 カーティス・ハンソン
■出演 キャメロン・ディアストニ・コレットシャーリー・マクレーンマーク・フォイアスタイン
■ストーリー 弁護士として活躍する姉のローズとは反対に、キャリアも資格も学歴もないマギーが、たったひとつ人に誇れるのは、グラマラスなルックスだけ。だが、若さの賞味期限はそれほど長くない。そのことに気づいたマギーは、遅まきながら自立の坂道を登り始める。よろめき、つまずき、傷ついて、自分のみじめさを噛みしめる日々。
その間、唯一の理解者だったローズと対立し、完全に居場所をなくしてしまうマギーは、最近まで存在さえ知らなかった祖母の住むフロリダへ向かう。そこでマギーは今まで知らなかった本当の自分と出会うことになる――。


見たのはずいぶん前だったけど、書きます。
よかったなぁ。私はこういう映画は好きです。

ブスだけどデキる姉、ルックスはいいけどダメな妹、って結構ありきたりな配役だけどね。
キャスティングはばっちりだと思います。
特にお姉さん役のトニ・コレットはね☆

私も妹がいるから、よくわかる感じもするなー。
親友以上に仲が良かったり、でもムカつくときは親友とか以上にムカつく。
深く考えたことなかったけど不思議な関係だなー。

アホアホな妹マギーが自分の道を見つけてってのは、読めるのでなんてこたぁーないんだけど、私はこの映画見ててお姉ちゃんのほうにビビっときたよ。

頭はいいんだけどルックスは良くなくて、恋人は妻帯者、しかも妹と寝ちゃったっていう最悪な状況を経て、自分に好意を持ってる人が現れる。
まじめで優しくておもしろい、いい男。
何より自分を大切にしてくれる、愛してくれる、そんな男。
彼に嫌われまいと嘘をついたり、秘密を持ったり。

んー、この彼とお姉ちゃんがキスするシーンは何かちょっとドキドキしたなぁ。

妹のマギーは難読症。それを見抜いた目の見えない老人が本を読んでくれるように頼む。
最初は嫌がるマギーが、回を重ねるごとに読めるように・・・

ラストシーン、姉の結婚式で大勢の前で詩を読む。
なんとも上手に読むのだ。

その詩がとっても気に入りました。

i carry your heart with me(i carry it in my heart)
i am never without it
(anywhere i go you go,my dear;
and whatever is done by only me is your doing,my darling)
i fear no fate
(for you are my fate,my sweet)

i want no world
(for beautiful you are my world,my true)
and it's you are whatever a moon has always meant
and whatever a sun will always sing is you
here is the deepest secret nobody knows
(here is the root of the root and the bud of the bud
and the sky of the sky of a tree called life
;which grows higher than the soul can hope or mind can hide)
and this is the wonder that's keeping the stars apart
i carry your heart(i carry it in my heart)

Edward Estlin Cummings - i carry your heart with me


あなたの心と共に 私の心を重ねて
決して離れることなく
私が行く所 あなたも共に
私のすることはあなたのすること いとしい人
運命など恐れない 
あなたが私の運命だから

世界など欲しくない 
あなたが私の美しい世界だから
誰も知らない深淵なる秘密 
起源の中の起源 未来の中の未来
大空に育ちゆく人生という木 魂の飛翔 
理性の畏れより早く枝を延ばす
空に星がきらめく神秘のように
あなたの心と共に 私の心を重ねて…



ん~素晴らしい。好きな人に贈りたい詩ですねー。

映画中にはタイトル通り靴がたーっくさん出てきてすんごい羨ましいです。欲しいです。
私も妹と服を兼用したりはするけど、靴はしません。
足の大きさが違うから。
ヒトの靴では歩けねーってことですな。
にしても靴!ほしーっ!

あと、キャメロン・ディアス。
確かにかわいいんだけどさすがにふけたねー。
もちろん映画中は綺麗にお化粧して可愛いキャメ嬢なんですが、すっぴんのひどさは周知の事実ですね。アップきつっ!
Cameron1Cameron2
抜群のスタイルも崩れてきたか!これは2005年6月時。

私はキャメロン・ディアスは、ギャング・オブ・ニューヨークが好きだったな。
あの時は本当に可愛いと思った。映画自体も好きだった。

これはチャーリーズ・エンジェルの時の。このドレスかあいい♥
Cameron3キャメロンはよく大きなピアスをしてて、そんなとこは好きです。

← FC2ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

  1. せつら | URL | VFvknLFA

    初めまして

    初めまして、TB返してくれてありがとうございました。

    キャメロン・ディアスさすがに老けましたね、と言っても若さを保つなんて無理なので
    いかに持続させるかなんだおけど、でもこの間CMに出ていたメグ・ライアン
    のふけっぷりにはビックリしたけど、彼女も40すぎてるし仕方ないけど
    私はトニー・コレットが好きなのでこの作品見ました。私は彼女を不細工だとは思
    わないんですけどね、むしろ魅力的だと思います
    演技もうまい役にぴったりだしよかったです。シャリー・マクレーンもまだまだ
    元気ですね、ジャック・レモンの分も長生きしてほしいです。

  2. yoko | URL | YtJ1Z0Rc

    せつらさんへ

    コメントありがとうございます。
    まあ、老けることは普通なんですけどね・・・キャメロンはちょっと早い気がして・・・

  3. やるべ | URL | -

    Re: イン・ハー・シューズ

    はじめまして、昔 買って 一度観賞したまま 棚の奥に入り込んでいた 「イン・ハー・シュウズ」を見つけ 久々に見てみました。確かに 姉役のローズは 細かな表情などに表に出せない心の表現など よく見るとうまいな~ なんて 思いながら観ていました。
    普通なら これで終わるのですが、あの詩がどうしても気になり ネットで検索して ここに たどり着きました。あの詩が全文 あるし 勝手にコピー しちゃいます 
    ありがとうね 
    泣けるぜ

  4. 703gt | URL | EqkzR.Ow

    Re: イン・ハー・シューズ

    2011年暮れにTV放映されたインハーシューズを観て同じ詩に心惹かれ、このブログにたどり着きました。本当にいい詩ですね。ありがちなストーリーで「ふぅん」ってな感じで観てたけど、最後のこの詩の朗読で「やられたぁ」でした。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://suitemono.blog19.fc2.com/tb.php/44-8137a228
この記事へのトラックバック

劣E・Eカミングス

「In Her Shoes」の映画にも出てくるアメリカの大詩人 e. e. cummings(Edward Estlin Cummings/e・e・カミングス 1894-1962)の詩を紹介します。 すごく切ない・・けれども力強くもある詩です。繰り返して読むと涙が出そうになるでしょう? Edward Estlin Cummings (

『イン・ハー・シューズ』 主演:キャメロン・ディアス

二人の対照的な姉妹が離ればなれになってようやくお互いの愛情を理解するというお話です。本当に正反対の姉妹だからこそ二人の絆が際だったと思う容姿端麗でスタイル抜群何事にも持続力が無く生活能力は0、それが故に誰かに依存しなければ生きていけない行きずりの男であり

イン・ハー・シューズ

<ストーリー>30歳目前にして自分にぴったり合う靴が見つけられず、裸足でさまよい続けている……この映画のヒロイン、マギー(キャメロン・ディアス)はそんな女性だ。弁護士として活躍する姉のローズとは反対に、キャリアも資格も学歴もないマギーが、たったひとつ人に..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。