スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イニシエーション・ラブ

2008年10月29日 16:26


イニシエーション・ラブ 乾くるみ著 1,680円(税込)
原書房出版 2004年4月1日発行 四六判 260ページ
■僕がマユに出会ったのは、代打で呼ばれた合コンの席。やがて僕らは恋に落ちて…。甘美で、ときにほろ苦い青春のひとときを瑞々しい筆致で描いた青春小説―と思いきや、最後から二行目(絶対に先に読まないで!)で、本書は全く違った物語に変貌する。「必ず二回読みたくなる」と絶賛された傑作ミステリー。



ここ一ヵ月くらいで、また本を読みだしました。
相変わらず、通勤の電車内でしか読みませんが。

そして相変わらず軽いのしか読みません。

陰日向に咲く/劇団ひとり著、かもめ食堂/群ようこ著、ララピポ/奥田英朗著。
このへんも読みました。

そしてこの作品。
背表紙の作品紹介に「ミステリー」とある。

私、ミステリーは読まない。
けど、お店のポップとか、本の帯を見てたら読みたいような・・・
中をぱらぱら見てみるも、ミステリーって感じじゃなくて、ただの若者の恋愛話のようで・・・
買ってみました。

この作者についても全くの無知です。

読み終えたのは一週間くらい前です。
読んでる途中から、おもしろくて、早く続きが読みたい!と思いました。
電車を降りるときに、ああまだ読みたい、と。

というのも、ミステリーとしてのストーリーが堂々と(?)書いてあるならいいんですが、いくら読んでもただの恋愛話。
いつ、どこがどう「ミステリー」になるのかが気になって。

最後の二行は絶対先に読まないで!という最後の二行を読み、読み終わって、

え ・ ・ ・ ?

頭の中グルグルグル~

謎を考えながら読んでいくんじゃなく、読み終わって考え始めるミステリー。
巻末の解説は、解説という名のヒント。
ご丁寧に大事な部分は太字にしてくれてます。


ここからは一度読み終わった私なりの謎解き。


鈴木が最後のほうにトンチンカンなことを言い出す。
マユとの思い出を間違えてると私は思った。

そこへきて最後の二行であれれ?どういうこと?

解説を読むと太字の部分が気になる。
あ~、これがヒントか!ヒントは時間。

解説と照らし合わせるようにページをめくると、矛盾点に気がつく。
それならと見方を変えてみる。
最初読んでた時に、マユが鈴木を「タックン」と呼ぶこと、金曜日限定で会おうとすることに変だなと感じていた。
それを思い出したら、 主人公を鈴木じゃなくマユにする。
つじつまが合いそう。

主人公マユは、Side-Aの恋人とSide-Bの恋人を持っている。
タックンAとタックンB。

恋人と休日前の金曜の夜だけ会うこと、趣味じゃない本が部屋にあること、別れて1ヵ月もたつのに電話に当たり前のように「タックン?」とでたこと、この矛盾が分かってくる。

初めてのラブホテルで「いつもより積極的だった」というのと、「最後まではできなかった」とあるし、男女七人秋物語に興奮したとか。

この線でどうでしょう。一度読みではそこまで。

いろんなところで謎解きされてて、私のはまったくハズレてるかもしれませんが、まだ他の人の解答は見ないでおこうと思います。
友人に本を貸したので、読み終わったころ、二人で話し合うのが楽しみ。

すごくおもしろかったのでお薦めです!




← FC2ブログランキングへ


スポンサーサイト

空中庭園

2006年09月17日 15:50

空中庭園

空中庭園 角田光代著 1,680円(税込) 文藝春秋出版
■2002年11月30日発行 四六判 298ページ
■第3回婦人公論文芸賞受賞
■郊外のダンチで暮らす京橋家のモットーは「何ごともつつみかくさず」。でも、本当はみんなが秘密を持っており、それぞれが違う方向へ。
異質でありながらも家族であるしかない、普通の家族に見える一家の光と影…ひとりひとりが閉ざす透明なドアから見える風景を描いた連作家族小説。



これもずいぶん前に読み終えたもので、感想は書けるのだろうかと思いながらも・・・
それより、ブログを更新すること自体が久しぶりだなー
連休だからね!

角田光代、名前くらいは知ってたけど初めて読みました。
読みやすいの。まぁ、山本文緒とか、そういうのと似てて、そういう人たちが書く小説をL文学と言うそうです。

この本は京橋家4人+父の浮気相手+母のお母さんという6人の登場人物で成り立っています。
秘密を持たないことがもっとーの京橋家の皆さんは、それぞれの秘密を持ちつつ、秘密がないかのごとく一緒に暮らす。
そんな変てこな家族をそれぞれの視点から見たお話。

読み初めは「秘密なしで何でも話すの?何だ、こんなのありえねー」と思いながら読んだんだけど、そんなバカ正直な小説ではなかった。
切り口はおもしろいし、確かに現代家族ってかんじの現代小説って感じだったけど、すこし意地悪すぎるというか。まあ小説だからねー。

でもおもしろかったよ。サクッと読めるのでオススメ。


← FC2ブログランキングへ

ジョナさん

2006年07月15日 20:58

ジョナさん
ジョナさん 片川優子著 1,365円(税込)
講談社出版 2005年10月発行 四六判 231ページ
■講談社児童文学新人賞入賞で鮮烈のデビューをはたした期待の高校生作家の第2作は日々を愛おしく思える青春小説。
どきどきが止まらない。悲しいときも、嬉しいときも、さびしいときも、泣きそうなときも、恋したときも、心臓が脈打つのだという単純なことを、私は今初めて知った。――<本文より>
いつまでも同じではいられないと悟った高2の夏。進路問題、男性との出会い、家族の死…。笑い、迷い、戸惑い、悩み、涙しながらの毎日を、小気味よいリズムの文体で、切々と綴る。


以前書いた読んだ本の中のひとつ、「ジョナさん」です。
読み終わった4冊の中で一番感想が書きやすそうなので、これから書いてみます。

たいそう暇なときに、我町前原市にも図書館ができ(てい)たので行ってみました。
まあ小さな図書館で蔵書数も少ないのですが、ないよりはマシです。

んで、お目当ての本がなかったのでどうしようかな~とフラッとしてたら可愛らしい装丁の本を発見しまして、それがこの本でした。
つまりジャケ借り。

半日くらいで読み終わりました。

なんというか、青春真っ盛りぃ!な感じがして、そんな時代は過ぎた私には、この文章ではもの足りない。

それもその筈、読み終えて知ったんだけど、著者は1987年生まれ、当時高校生真っ最中。
あとがきに「私はこの小説を、忘れないために書きました」ってあったから半自伝的なものなのかもしれない。

ん~それにしても幼稚。話のもっていき方とか、言葉とか。
読んだのが10年前だったら共感できてたかもしんない。

内容は詳しいことは覚えてないけど、ま・さ・に・青☆春
進路、友達、家族、少し年上の人への恋心と、青春ならではの問題のオンパレード。
でも、そうだよなぁ、自分も高校生の頃は味わってたなぁそういうの・・・( ==)遠い目

そんな感じなので、高校生以下なら読んでおもしろいかも。
私も今青春中なんだろうか鼻の頭にニキビがよくできやがる


← FC2ブログランキングへはこちらから

読んだ本

2006年06月16日 18:38

娼年 石田衣良著

壬生義士伝 浅田次郎著

空中庭園 角田光代著

ジョナさん 片川優子著



読み終えた本。読み終えた順。
今読みかけは[もうひとつのMONSTER]ANOTHER MONSTER(ヴェルナー・ヴェーバー、浦沢直樹共著)
こわいよ~。もちろん漫画はハマって、何年も前に読んでるんだけど、こっちは恐くて手出してなかった。
読み始めたらオモロイ。ケドコワイ。

これは実話なのか、実は全くのフィクションなのか謎なんだそう。
この際そんなこたどうでもいいや。

もうひとついとしい(川上弘美著)というのも読んでますが、諦めてしまいそうな感じです。

こっちもなかなか感想が書けない・・・自分の文才のなさがほとほといやになります。
特にこれらを読んだ後では・・・

い・つ・か♥♥


← FC2ブログランキングへGO!

プラナリア

2006年02月06日 16:52

プラナリア

プラナリア 山本文緒著(…>公式サイト) 1,400円(税込)
文芸春秋出版 2000年10月30日発行 四六判 272ページ
■第124回直木賞受賞
■どうして私はこんなにひねくれているんだろう―。
乳がんの手術以来、何もかも面倒くさく「社会復帰」に興味が持てない25歳の春香。
恋人の神経を逆撫でし、親に八つ当たりをし、バイトを無断欠勤する自分に疲れ果てるが、出口は見えない。
現代の“無職”をめぐる心模様を描いて共感を呼んだベストセラー短編集。
・プラナリア
・ネイキッド
・どこかではないここ
・囚われ人のジレンマ
・あいあるあした


あー山本文緒。流石だーと思う外ないね。
私は文庫で読んだんだけど。
うーーーん、毎度のことながらチクッと痛いね。
今回はまたテーマが「働かない彼女達」っていうドンピシャなものでいつもより余計に痛い。

山本文緒作品を初めて読んだのはいつのことか・・・多分5~6年前か?
ブラック・ティー忘れもしない「ブラック・ティー
本屋でこの可愛い装丁に惹かれて買ったんだと思う。それまで山本文緒なんて知らなかったはず。

その頃はもう本なんて読んだりしなかったんじゃないかなぁ。
それがこの「ブラック・ティー」を読んでからは山本文緒を読み漁った。

衝撃を受けたって言ってもいいと思う。

ハマったのは、今まで読んだ本と違ったから。
なんかきれいに終わらないって言うか、きれいにおさまらないって言うか、ハッピーエンドじゃなくて、それがなんかおもしろかった。
ハッピーエンドは後味がいいけど心の奥底どこかでチクショウっておもってたのかな。
そこで出会ったこの感じが、うまく私の心に合ったのかも。

この人の作品は取りたてて特別な環境にいるわけじゃい、普通の人の日常と言うのかな。
あ~うまく言えないのがもどかしいんだけど。
なんかホントいつもチクッとするんだよね。

今回は特に無職と言う面でドンピシャなので読んでいくうち、いつものチクッよりグッサリってかんじもあるけど、そろそろがんばってみよっかなぁって気分にもなった。少しね。
私は書かれてる五人の彼女達のような働けない理由はないけどさ。

仲間が書かれてるんだけど、それを良しとはしていない本です。

超図解資格 Microsoft Office Specialist教本 WORD2003 Expert

2006年02月02日 16:35

WORD

超図解資格 Microsoft Office Specialist教本 WORD2003 Expert
エクスメディア著 2,604円(税込)
■2005年6月27日発行 A5サイズ 376ページ CD-ROM付


前の記事MOSワード(エキスパート)にも挑戦するぞーって書いてましたが、去る1月31日に、試験を受けて無事合格しました。

今回も、前回使用したテキストエクスメディア超図解のワード版。
アマゾンレビューはこんな感じ…>アマゾン

どうしても1月中に取っておきたくて3週間でお勉強しました。
エクセルよりウーンと簡単であまり勉強しなかったよ。
エクセルよりワードのほうがあんまり使ったことないのに。

試験会場も前回と同じパソコンスクールで。
見たことないような問題も一つ二つありつつ、30分くらいで試験終わっちゃって、やっぱりドキドキしながらしばし結果待ち。

 おめでとうございます
 最低合格点 630点  あなたの点数 906点

わーい、今度は点数高め☆
ま、別に合格すればいいんだけどね。

と言う事で、プチ達成感味わいました。
けど、これからは仕事探さんとなぁって思うとちょっと鬱。
これが生涯最後の資格になると思います。

あ、このテキストはなかなか使いやすいと思います。
ネットで購入したけど、その前に本屋で吟味してますから。
1冊で十分全てを網羅してるし、サイズも価格も程よくて◎
いろんなところでFOMのよくわかるマスターがいいってあるけど、私には高いし大きすぎるし、あんまりお薦めしない感じ。

超図解資格 Microsoft Office Specialist教本EXCEL2003 Expert

2005年11月29日 14:54

MOS

超図解資格 Microsoft Office Specialist教本EXCEL2003 Expert
エクスメディア著 2,604円(税込)
■2005年5月26日発行 A5サイズ 416ページ CD-ROM付


職探し中ですので、なにか資格を取ってみようかと思って購入。
アマゾンでこの本のレビューが見れます。

時間がかかる資格はいやだし、根性ないからね。
ちょっとの勉強で取れて、そんでもって私の職探しにプラスになりそうなものってことでMOSエクセル(2003エキスパート)。
最初っからエキスパート。
スペシャリストからひとつずつ、なんて時間も金もないし。
ワードはタイプが打てればいいだろって思ってエクセルのみ。
完ぺき誰かの受け売りなんですけど・・・

まだ目次くらいしか読んでないけど、さっさと試験日決めよう。
なるべく早くに。
仕事せないかんしねー。派遣にも登録してみました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。